美容整形 美容外科 形成外科 岡山/林形成・美容外科

林形成外科・美容外科 林形成外科・美容外科 086-233-8841
24時間メール相談
HOME クリニック案内 院長紹介 美容外科とは? 料金案内
わきがの手術
二重まぶたの手術
鼻筋を通す手術
しわとりの手術
わきがの手術
豊胸術
陥没乳頭の手術
大きな乳首を小さくする手術
脂肪除去
でべその手術
バストを小さくする手術
えら切りの手術
ピーリング、コラーゲン注射、ボトックス注射、レーザー脱毛等
あざ・ほくろ・しみ・そばかす・いぼ等の治療
傷跡を目立たなくする手術
 
アクセス情報
岡山市本町1-16 岡崎共同(株)駅前ビル8階
岡山市本町1-16 岡崎共同(株)
駅前ビル8階(岡山駅東口正面、高島屋 デパート左隣り)
TEL:086-233-8841
FAX:086-233-8847 
電話相談随時・手術予約制・保険診療なし
【診療時間】
月〜金曜日 10:00〜18:00
土曜日    10:00〜15:00
【休診日】
毎週水曜日、日曜日および祭日
 
モバイルサイト
 
HOME >わきがの手術
ワキガ(腋臭症)は思春期頃より腋窩部の汗により独特の臭気が出るもので、夏季や運動など発汗の多い時に臭気も強くなります。白人などに多いのですが、日本人にもみられ、遺伝性があります。原因は、アポクリン腺という大汗腺のためで、主としてブドウ状球菌などの細菌により、アポクリン腺や皮脂腺からの分泌物が分解されて匂いが発生すると考えられています。腋窩部をできるだけ清潔に保つことが必要で、頻回に清拭することが望まれますが、実際問題として学校内や仕事中に清拭をすることは不可能です。登校前、あるいは出勤前に、脱臭剤や発汗抑制剤の使用がよいとされていますが、いずれも一時的なもので効果は持続しません。昔には電気分解という処置がされていた様ですがこれも効果はありません。従ってワキガの治療方法としては手術しかありません。多汗症は臭いはあまり無いけれど脇の汗の量が多く、ブラウス などが黄色に着色したりします。多汗症の治療も、ワキガの治療と同様、アポクリ ン腺を取り除く(切除)ことによって症状が改善します。
 
剪除法(切開法)
 
腋毛部を3等分する部に2本の横切開を加えて、その部から肉眼的に確認しながらアポクリン腺をすべて剪刀にて切除します。毛根も可能な限り切除します。このようにしますと、皮膚が薄くペラペラとなりますので、ガーゼで約1週間圧迫しなければなりませんが、発汗も非常に少なくなり、匂いもほとんどなくなります。上肢がしばらく動かせないので片方づつしか手術できません。
腋毛は脱毛されてしまいますから、女性の方には一石二鳥で好都合と思われますが、男性の方の場合は、腋毛を全部脱毛するわけにはいかないので、アポクリン腺切除の時に毛根をできるだけ残すようにしますから効果が少々悪くなります。
手術後の傷跡は、仮に多少目立ったとしましても、臭いよりはずっとよいわけですが、実際には腋窩部のシワに平行な横切開を行うとともに、形成外科的手技でもって丁寧に縫合されますから、非常に細い線となり、ほとんど気になることはありません。
 
抓把による方法
 
5mmぐらいの小切開を腋毛の生えている近くに加えて、その小さな切開部よりアポクリン腺を抓把する方法で、抓把する方法は下記の3つがあります。

1)超音波メスを使用する方法 
2)脂肪吸引などの吸引を利用する方法
3)エイヒという抓把用の細長い器械を使用する方法

いずれの方法を選ぶかは医者の考え方により決まります。1)、2)は単独では効果が悪いので当院では2)で全体的に抓把をした後3)にて仕上げをしています。1)は毛根が残るので使用していません。約2時間掛けて丁寧に抓把すれば非常に良い結果(臭いがほとんどなくなる、汗が少なくなる,腋毛が非常に少なくなる)を得ることができます。術後両脇の手術部位を圧迫することがアフターケアーとなりますが、両手をおろして使用することができるので、切開法に比べて非常に楽です。
 
いずれの方法でも良い結果を得ることが可能ですが、医学的に考えてアポクリン腺の細胞をすべて除去することは不可能ですので(汗の管は残っている)将来少量のアポクリン腺が再生される可能性はどの様な方法を施行してもあります。その場合には、非常に少量の臭いが再発することになりますが、元とは全く違うので十分手術を施行する意味があります。
 
剪除法(切開法)
 
腋毛の中央部に約3cmの切開を一ヶ所だけ加え、その部より皮膚を裏返して毛根の周囲にぎっしりと詰まっているアポクリン腺を毛根とともにすべて切除します。両側同時に手術可能で、術後も包帯は巻きますが両手を降ろして使用することが出来ます。臭いはほとんど消失し、腋毛と汗の量は非常に少なくなります。傷跡も一本なのでほとんど目立たず、この方法になって再発は未だありません。但し、両脇の皮膚を圧迫するアフターケアーは必要ですが自分で出来るように指導いたします。
このページのトップへ
HOME | クリニック案内 | 院長紹介 | 美容外科とは? | 料金案内 | 二重まぶたの手術 | 鼻すじを通す手術 | しわとりの手術 |
| わきが・多汗症の手術 | 豊胸術 | 陥没乳頭の手術 | 大きな乳首を小さくする手術 | 脂肪除去 | でべその手術 | バストを小さくする手術 |
| えら切りの手術 | ピーリング、コラーゲン注射、ヒアルロン酸注射、ボトックス注射、プラセンタ注射、レーザー脱毛等 | 刺青・あざ・ほくろ・しみ・そばかす・いぼ等の治療 |
| 傷跡を目立たなくする手術 | お問い合わせ |
岡山駅より徒歩1分
美容整形 美容外科 形成外科 林形成外科・美容外科
岡山市本町1-16 岡崎共同(株)駅前ビル8F(高島屋百貨店隣)
Copyright (c) 2006 HAYASHI PLASTIC & AESTHETIC SURG CLINIC All Rights Reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】